綺麗事一切なし!壊れた学歴安定時代を乗り越える〇〇の本質とは?

教育 インタビュー記事
スポンサーリンク

文章で自由に生きる18歳の浪人生が現代教育をぶった斬る!第3回

引き続きインタビュアーは、聞くのは大好き話すのは苦手40歳のみんな島です。

よろしくお願いします。

さて「インタビュー記事 in みんな島」の内容はいかがでしょうか?

あなたがもし下記の記事を体験していないのなら、ぜひぜひ読んでみて下さい。

父親より稼ぐ浪人生の文章力を体感できますよ。

前回のあらすじと耳より情報

時計を用いて、勉強しない子供ほど賢い理由を説明するMくん。

教師との苦い思い出を語りだし

論理的思考能力の構築

とは何かを説明する前に記事は終了(笑)

そして今回へと続くのですが、たった今フライング情報が入りました。

なんと、吉岡里穂さんが登場しますよ!

では、引き続き文章で自由に生きる18歳の浪人生Mくんに登場してもらいます。

どうぞ〜Mくん!

最終章スタート!

勉強で得られるメリットは「論理的思考能力」です。

「??????????」となっている方は正常ですよ。

文系の方に多いのですが、英語は暗記、社会も暗記、国語はなんとなく。

このような人でも

  • 「賢いね!」
  • 「あたっまいい!」

と言われるような大学には受かります。しかし、このようなやり方でそのような大学に受かるには

  • 小さい時から積み重ねてきた努力した人間
  • 天才

の2択の人間です。まぁ、またこの話は別の時にしましょうか。話を戻します(よく脱線する)

「論理的思考能力」とは何か?

《論理的思考能力とは対象の物や事に対して全て矛盾のない、もしくは複数の選択肢を予想が可能であり、全てを論証で解き明かすことができる能力です。》

はい。ぜんっぜんわかりませんよね。

例えばみなさんは「自分が持っているバッグや靴などを、自分が大好きな芸能人が使っていたり褒め称えていたりすると」すごく嬉しくないですか???

僕は女優の吉岡里帆さんが大好きなのですが、この間夢に出てきていただいて。まぁーこの上なく幸せでしたよ!

デートしたりしてね。美味しそうにパフェを頬張る吉岡里帆さんの顔を眺めているうちに、だんだんと無機質で重圧のある(ホントは特にない)浪人生活に帰ってきてしまうわけですね。死にたくなります。

おっと、話をまたまた逸らしてしまいました。これは故意です(吉岡里帆さんに恋です)

なぜ嬉しいのか??

話を戻すと、

芸能人が自分と同じバッグを使う
   ↓
憧れの人との共通点=その人との距離
   ↓
こんな人になりたいという憧れの人へ自己投影
   ↓
共通の物を使うことによりその人に少しでも近づいたという自覚
   ↓
自分が常に憧れの人と同じでいたいという欲求
   ↓
憧れの人と少しでも距離があるという現実
   ↓
自分自身の不満や欲求

こういうことです。

つまり「自分が持っているバッグや靴などを、自分が大好きな芸能人が使っていたり褒め称えていたりすると嬉しい」
   ||
自分自身の容姿や内面的な部分による不満や欲求があるということです。

いやいやいやいやいや。さすがにむりがあるでしょ。

そりゃー自分の好きな人が自分の使ってるものを良いと言っていると誰かて嬉しいじゃない。となりますが、そこに明確な

  • 「根拠」はありますか?
  • 「理由」はありますか?

いいえ、ありません。では論理的思考の答え合わせです。実例を持ってご紹介します。

答えはCMにあった

  • なぜ、広告主は人気芸能人に自社の服を着せるのか。
  • なぜ、広瀬すずの着ている服は売れるのか。
  • なぜ、旅猿を見ると旅したくなるのか。

全て憧れの人にこの満足のいかない自分を自己投影したいからなんです。だから、80年代に「聖子ちゃんカット」が流行ったんです。もうこれで説明は入りませんよね。

もちろん。これは「自分が持っているバッグや靴などを、自分が大好きな芸能人が使っていたり褒め称えていたりすると嬉しい」の一つの理由です。

ほかに探せばいくらでも出てくるでしょうが、まぎれもない、反論の仕様がない理由の一つです。

つまり、論理的思考=物事の明晰化に他なりません。

実はこの、有名人に服を着せたら売れるという法則を見つけたのは、天才と言われたプロデューサーでした。

しかし、論理的に考えてみればできの悪い浪人生でも一瞬でわかることです。

しかし、この天才と言われる凡才はこの発明を気に一気に大ブレイク。

人生は成功を収め生涯を閉じました。

終わりに近づいてきましたね。もう言ってしまいます。

勉強をする本当の理由

「勉強」をする理由は、論理的思考能力を構築し、明晰化によって物事の本質をつかむこと。

そして、それにより「世の中で成功すること」これにつきます。

  • パターン「ほとんど、もしくは全く勉強しない子供」
  • パターン「親に言われるから勉強してみるとそこそこできてあまり苦にならずに勉強する子供」
  • パターン「勉強するメリットをみつけ勉強をしている子供」

なぜ、のパターンの子はダメなのか。意識的にこの行為を行っていないのです。

現代の勉強と言われる5教科は「暗記」と「慣れ」でほとんど網羅できてしまいます。

そして、その「暗記」と「慣れ」を繰り返すだけで勉強はできるので周りから少なからず褒められます。

つまり本質をつかむ必要がない状態で世の中に出ることになります。

しかし、世の中には時間制限があり、答えは一つではありません。だからこそ、「本質」を掴んだ行動をして小さな成功を積み重ねていかないと生きていけないのです。

のパターンの子はなぜいいのか。

勉強をするメリットは論理的思考能力の構築以外ありません。集中力はスポーツでもつけれますし達成感や成長度も同じです。

つまりのパターンの子はこの論理的思考能力を構築しつつあるという意味です。

では、、そしての子を持つ親御さんに最後に伝えたいことがあります。おそらくの君、そして親御さんは

  • 「なぜ勉強しなきゃいけないんだろう」
  • 「どうしてうちの子はあれだけ言っても勉強しないんだろう」

そんな悩みも尽きたことはないでしょう。

もし、君が世の中に出て成功したくないなら、勉強なんて金輪際しなくたっていい。もし君に本質をつかむ才能があるならもう世の中でやっていける。

現に成功してきた経営者や総理大臣にも中卒や高卒の方はたくさんいる。けれどももし、自分にそんな才能があることが証明できない。

これまでいろんなことにチャレンジしてきたけどうまくいかなかったのであれば、きっとこの方法で君の周りの人間の遥か数倍上にいける。

だから親御さんにはまず勉強を教えるのではなく、社会がどれだけ楽しい場所かを教えてあげてください。

今の若い子たちに必要なのは社会で失敗しない安全策ではなく、社会で活躍するためのビジョンなのです。

これを社会に出ているあなた方が教えないでどうするんですか!安全策ばかりに気を取られ、やれ不景気だ、やれ倒産だ。そんな社会にマイナスばかりを信じるようになってしまってはこの国の教育はもうないようなものなんです!

もちろん挫折することもあるでしょう。とんでもないミスを犯すこともあるでしょう。しかし、そんな自分を支えてくれるのはこれまで頑張ってきた自分と、失敗することを論証しえない論理的思考です。

  • 人に認められる嬉しさ。
  • 誰かを助ける幸せ。
  • 誰かの為になれる自分。

勉強はあくまでその練習段階です。そして、論理的思考を鍛える唯一の手段です。

社会に出て成功したい。こんな社会になったらいいな。この気持ちがお子さんに芽生えた瞬間。お子さんの人生は大きく変わります。

そう信じてこのページを書き終えます。

一読ありがとうございました。

まとめ

私のような40歳を超えたものがやるべきことは、若者や子供たちに社会に出ることの楽しさ、自分たちのやりたいこと・好きなことをするチャンスがあるということをしっかりと伝えることではないだろうか。

Mくんの真剣な話に、今の10代が何を考え、何を見ているのか?そして、何を伝えることができるのか?このことを考える良い機会になりました。

「論理的思考能力の構築」という言葉と文章で自由に生きるMくんの存在があなたの記憶の一部に残れば、インタビュアーみんな島としてうれしく思います。

では、次回のインタビュー記事でお会いしましょう!みんな島でした。

コメント