転職するかどうか悩むときに思い出すべき社長のイケナイ発言6選!

転職するかどうか悩む 仕事

こんにちは、転職するまで7年かかった、みんな島(@minnajimaai)です。

  • あの上司がいるから
  • 同期がいい奴ばかりだから
  • 人間関係がいいしやっぱり
  • 看板が大きいから転職せずにもう少し


まだこの会社で頑張ろう!

社会人になれば誰もが一度はよぎる 新天地への思いを踏みとどまる理由 じゃないでしょうか?働く職場の人間関係や環境は仕事を続けるうえで重要な要素です。

間違いありません。しかし、

  • 自分が働く会社の将来はこれからどうなるかわからない。
  • もしかするとこれから下火になる業界なのかしれない。
  • 頑張っても給料が上がらず未来がない。
  • 上司を見ていても出世したいと思えない

と感じてしまうこともありますよね?わかります。

私は前職時代、入社2日目で将来が心配になりその後に予想は的中。結果、振り返れば転職までに7年の月日を使ってしまいました。

だからこそ言いたい。直観は当たる!

そして、転職するべきかどうか悩んでいるのなら、自分が働く会社の社長(経営者)の過去の発言 を思い出せば、間違うことはないと断言します。

転職するも大変だし転職しないも地獄です。だからこそあなたが人生の大半の時間をささげる会社選びは重要なんです。

同じ働くなら歳をとって後悔したくないじゃないですか。

社長の判断であなたが慕う上司はいなくなり、同期や後輩との関係も悪化することは十分考えられます。回り回ってあなたに火の粉が降り注ぐかもしれません。

だからこそ転職するかどうかで悩む場合に判断すべきポイントは、社長(経営者)の考えやビジョンにあること を知って欲しいのです。

あなたの人生を左右しかけない社長(経営者)の発言・行動・思考・金銭感覚。

社長(経営所)の考えやビジョンなんて俺には分かんねえよ!

と言いたい気持ちもわかります。でも、社長(経営者)だって人間です。思わずポロっと本音が表情や発言にでるときがあります

そこで本日は、あなたの人生に 悪影響を及ぼしかねない発言をする社長(経営者)の特徴 をお伝えします。

本記事の内容は 石の上にも3年は嘘!今すぐあなたが逃げ出すべき社長の発言まとめ です。

おい!この記事を読むメリットは何なんだ?

人生の大半を捧げる会社選びでチェックすべき 社長(経営者)の発言内容 がわかり、転職するかしないかにかかわらず、会社選びに失敗する可能性が下がります。

では順番に社長(経営者)のどんな発言なのかを確認していきましょう!

スポンサーリンク

口だけ社長(経営者)

社長
社長

ここまで頑張って業績がアップしたらみんなの給料も○○万円に上がる。
3年後には○○○企業並みにするぞ。

という発言を鵜呑みにし期待をしてしまうことはないですか?もっと言うなら、現在進行形 で期待で胸を膨らませたりしてはいないでしょうか?

「頑張れば◯◯◯するから!」は、口だけ社長(経営者) がよく使うパターンであり実現することはありません。

なぜなら、

今従業員を大切にしてくれない会社が、少々利益が上がった途端、従業員に大盤振る舞いをしてくれる素敵な会社になることはほぼない

からです。私は仕事上、社長(経営者)の悩みや希望を聞いてきましたが、まずはじめに従業員の未来に対する悩みや希望を解決して欲しいと話す経営者は残念ながらいませんでした。

口だけ社長(経営者)は、心の底から 従業員の将来 のことを考えているかというと考えてはいません。だから今の状況で会社が儲かった時に従業員に還元するかというとおそらくしない。

つまり、従業員が自分の人生を捧げて体が壊れるまで働き、会社はそれに報いてくれるか?

残念ながらそれはきっとないです。

このような口だけ社長(経営者)には 口下手の営業が会話が続かないを克服するコツは3段飛び戦法だった話 を使って発言を記憶し転職するかどうかの判断に使って下さい。

後方支援にまわるべきと宣言する経営者

経営者の中には自らが営業活動をおこなう人が多くいます。

その反面、自らが営業活動をするため、自分に何かあった場合の会社に対するリスクやこの先も営業を続けなければいけない精神的負担、さらに自由な時間がないとの理由で社員に雑用を任せるケースが多いです。

しかし、計画的に指導をしながら社員にバトンタッチをするのであれば問題ないのですが、面倒くさいことや、やりたくない仕事から逃げ出す社長(経営者)はダメ です。

なぜなら、あなたに雑用だけを押し付けるからです。

私が携わる 営業が10年生き残る確率1%の世界 保険業界に多いですが、後方にまわると高々に宣言する社長(経営者)は、後方にまわりたいだけの人で自分だけが自由な時間を確保し、従業員の時間を効率よく奪う準備をしています。

そもそも 上司や経営者は後方支援をするのが当たり前 であって、自分が楽をしたいがために後方にまわるものではありません

社長(経営者)が自分は後方にまわることの正当性を部下に強調し始めたタイミングは 転職するかどうか悩むタイミング かもしれませんね。

時間は自分で作るものと発言する社長(経営者)

全ての人に時間は平等に与えられていますが、自由にできる時間は人それぞれ違います。一方、時間は自分で作るもの と発言する社長ほど、

あなたに雑用を押しつけませんか?

この発言を多用しだしたら気をつけて下さい。なぜなら、時間は自分で作るという意味を違う意味で解釈し、仕事を周りに押し付けるだけだからです。

仕事を押し付けてくるのではないか?
仕事を振ってくるのではないか?
何か頼まれごとを言われるのではないか?

と従業員は考えてしまい、精神的負担は日々増加します。さらに、

時間は自分で作るものと発言している人に限って、自分がやりたくない仕事、自分が苦手な仕事を従業員に押し付けます。

仕事を押し付けることで自分の時間を作ろうとする社長(経営者) のもとで働くのであれば、転職も選択肢の一つです。

そうしないと昔の私と同じように、あなたの自由な時間は無くなる一方です。

尚、本当に自分で時間を作っている人は、何を優先すべきかを把握し事前準備を徹底しているから 周りを巻き込みませんよ

「一般常識だろ?」が口癖な社長(経営者)

社長
社長

一般常識が欠けている!社会人としてのマナーもなっていないぞ!

という 一般常識だろ? 発言が口癖になっている社長(経営者)は注意が必要です。そもそも

一般常識ってなに?
社会人のマナーってなに?

という時代に、自分の常識以外は排除する社長(経営者)の下であなたが働くなら、新しい考え方や価値観で仕事をすることはできないです。

イケメン社員が完璧な営業トークでも成約にならないたった1つの理由 でご紹介したイケメン社員も間違いなく 一般常識がなっていない と怒られますね。

そんなの一般常識だろ?と社長に言われた記憶があるなら転職も選択肢の一つかもしれませんね。

従業員の生活も背負っていると強調する社長(経営者)

社長
社長

従業員だけでなく、従業員の家族の将来も経営者である自分にかかってる!

と酒の席などで 恩着せがましく話す社長(経営者) がいます。

あなたが働く会社の社長(経営者)がそうであるなら考えものです。なぜなら、

あなたを守ることは経営者として当然のことであり、わざわざ口に出すことではないからです。

わざわざ口に出すということは、周りから認められたいという自己承認欲求が誰よりも強い証拠です。自己承認欲求が強い経営者の下で日々仕事をすると、あなたはいつも経営者をもちあげないといけません。

それはツラく面白くもありません。

次第に誰のために働いているのかが分からなくなり、あなたのやるべき仕事ができなくなるので、転職すべきかどうかを考える良い機会かもしれません。

まとめ

転職は勇気もいるしパワーも必要です。転職先の環境や待遇、さらには将来性で転職するかどうかを判断しようとしても、今の世の中では何が正解か分からないので答えがでません。

でもそんな時は、1つの基準を思い出してください。自分が働く会社の社長(経営者)の過去の発言 を振り返るのです。

社長(経営者)だって人間。思っていることや考えが表情や言葉に出ます。

社長(経営者)の過去の発言をしっかりと思い出してから、転職するかどうかの判断 はして下さい。ちなみに私は、以下の5つが当てはまる社長とは絶対に仕事はしたくないですね。

こんなイケナイ発言をする社長は要注意!
  • 口だけ社長
  • 後方支援にまわると高々に宣言する社長
  • 「そんなの一般常識だろ?」が口癖な社長
  • 時間は自分でつくるものと連呼する社長
  • 従業員の生活を背負っていると強調する社長

本記事をお読み頂きありがとうございます。

最後に本記事と関係性が高い記事をピックアップしてみましたので、あわせて読んでみて下さい。

 

 


応援コメント頂けると嬉しいです ^ ^。

コメント

  1. deefe より:

    社長とそんな細かいレベルで会話するような人って経営幹部だけなんじゃないか?

    • みんな島 みんな島 より:

      deefe様がおっしゃる通りです。私の中では人数が30名規模の会社を記事にしたかもしれません。