聞きづらい内容でも怖くない!相手に嫌われない質問言葉を1つご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
会話が続かない

こんにちは、相手に嫌われたくない、みんな島です。

「年収はどれぐらいなんだろ?」
「病状は今どうなんだろ?」
「離婚の原因は何だったんだろ?」
「誰が跡継ぎになるんだろ?」

お客様との会話を深める際、聞きづらい内容であってもどうしても質問をしないと先に進めない時ってありますよね?

しかも、出会ってすぐなのにここまで聞かないといけない?って思う時があります。

私は仕事上、年収の話・病気の話・離婚の話・跡継ぎの話など、センシティブな話題を取り扱います。

例えば、出会って数分なのに持病である重たい病気の症状を細かく聞いたり、離婚協議中である夫婦の財産について詳しく聞いたり、精神的に苦しんでいる20代の女性に過去の病歴を聞いたりです。

私なら言いたくない内容ばかりです。でも、質問しないと前に進めません。

間違った言葉でいきなり質問すると相手は心を閉ざします。せっかく私に話す気でいたのに、心が閉じてしまう時もあります。

逆に、遠慮して質問しないと解決策が分からないまま、自分主体の考えになってしまいダメです。

そんなセンシティブな内容を扱う質問力が試される場面において、いつも私が使っている魔法の質問言葉を本日は紹介します。

さらに、本記事ではこの質問言葉をパーツごとに分けて検証し、役割と効果を説明しますので、少しでもあなたのお役に立てたなら嬉しいです ^ ^。

尚、自身の知識不足により質問に対して即答できない場合に使うと気持ちが楽になる魔法の言葉もぜひ覚えて下さい。

聞きづらい内容に対する質問も怖くなくなる魔法の言葉とは?

「差支えなければ、教えていただける範囲で結構ですので、〇〇について伺ってもよろしいでしょうか?」

この言葉の強みを簡単に表すと、主導権をお客様に渡すことです。

一方、質問する側が主導権を握ってしまうと、結果的に質問する側が聞きたい情報のみを聞いてしまうことが多いです。

お客様の貯金額を聞く場合、

「○○様の貯蓄額を教えてください。」と質問するか、

「教えて頂ける範囲で結構ですので、貯蓄額について教えて下さい。」

と質問するかの違いです。アンケートを実施するときも有効です。

「教えて頂ける範囲で結構ですので、アンケートにお答え頂けますでしょうか?」

と協力を求めればスムーズですね。

魔法の言葉を分解し検証する

質問言葉を分解差支えなければ、
教えて頂ける範囲で結構ですので、
○○について伺ってもよろしいでしょうか?

①差支えなければ

「差し支えなければ」で始まる理由は、相手に敬意を表し、同時に余裕を与えるためです。

なにかを依頼する際、その内容が相手にとって都合の悪いものでなければと、一歩譲った状態で質問に入る言い方です。

つまり、この出だし言葉は、不都合なら拒否して下さいと質問に対して答える権利、主導権を相手に渡すのが目的です。

②教えて頂ける範囲で結構ですので

「教えて頂ける範囲で結構ですので」のフレーズを使うのはなぜか?その理由はひとつ引き続き相手に主導権を渡すことです。

あなたが話しくれる範囲でいいんだよ。嫌なことは言わなくていいんだよ。と引き続き相手の心に余裕を渡すのです。

人は、多かれ少なかれ他人に知られたくないことや言いたくないことを持っています。私もあります。

初対面の人には言いづらい内容は、もっとあります。だから、余裕を持たせてあげないと最後まで大切なことを言いません。

つまり、相手に余裕を与えることで、逆に掘り下げているのです。

あくまでもどこまで喋るかは〇〇さんが決めてください。というスタンスが結果的に多くを語ってくれるのです ^^。

③○○について伺ってもよろしいでしょうか?

「〇〇についての理由を伺ってもよろしいですか?」
「〇〇について詳しく伺ってもよろしいですか?」
「もう少し具体的に〇〇について伺ってもよろしいですか?」

○○の部分は、何かの理由を聞く時もあるし、名前を聞く時に使ってもいいし、具体的な数字を聞くときにも使います。

1番ベストなのは「教えて頂ける範囲で結構ですので」の後に続く○○の部分に、お客様が直近に話していた言葉をそのまま使うことです。

人は、今自分が1番気になっていることや伝えたいこと、相談したいことを最初に話し出します。

だから、相手がまず話し出した言葉を必ず記憶し、質問するときにお客様が話した言葉をそのまま使ってください。

冒頭の言葉持病があるんだけど

離婚で揉めていて

保険料を下げたい

上記のような冒頭の言葉であれば

先ほど、持病があるとおっしゃっていましたが、教えて頂ける範囲で結構ですので、持病について詳しく伺ってもよろしいでしょうか?

先ほど、離婚で揉めているということでしたが、教えて頂ける範囲で結構ですので、離婚で揉めている理由を伺ってもよろしいですか?

となるわけです。相手の言葉を使う方法は、弁護士先生に教えてもらいました。

弁護士が作る書面は芸術です。芸術作品である文章と文章の戦いから学ぶことは多く、会話のヒントも得ています。

「分かる」と「できる」は違う!

3つのパーツに分けて質問言葉の意味やポイントを解説しましたが、最後に一つ。

「分かるとできるは違う」という話です。

聞きづらい内容であっても、まずは相手に余裕を与える質問ができれば、自分にも余裕ができることをお伝えしました。

私も最初、この質問言葉の意味を知った時

「そんなの知ってるよ!」

と、理解できてる自分に浸ってました。ところが、あるお客様に質問した際、全くできていない自分に愕然としたのを今でも覚えています。

自分の聞きたい情報ばかりを聞く、質問下手な、みんな島がいたのです。

差し支えなければ、教えて頂ける範囲で結構ですので、〇〇について詳しく伺ってもよろしいですか?

この言葉は、聞きづらい内容に対する質問力を鍛えてくれるだけでなく、「分かるとできるの違い」も教えてくれる魔法の言葉です。

まとめ

お会いしてすぐ、聞きづらい内容の質問をしなければいけない時があります。

聞きづらい内容の質問例年収

病状

離婚原因

跡継ぎ問題

上記のような内容について質問するとき、いつも私を救ってくれるのが

「差支(さしつか)えなければ、教えて頂ける範囲で結構ですので、○○について伺ってもよろしいでしょうか?」

という魔法の質問言葉です。

「教えて頂ける範囲で結構ですので」は、本当に重宝します。この言葉を質問に付けるか付けないかで、結果が全く違います。

人は言いたくないことは、基本言いません。だから、話しやすい雰囲気づくりと主導権を相手に渡すことだけは、守ってください。

尚、差支えなければ、教えて頂ける範囲で結構ですので、本記事や本ブログに対するコメントを伺ってもよろしいですか?(笑)

よろしくお願いします。そして、最後までお読み頂きありがとうございます。

最後に、本記事と関係性が高い記事をピックアップしてみました。


ピックアップ記事のコメントも頂けると嬉しいです ^ ^。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す