石の上にも3年は嘘!あなたがすぐ逃げ出すべき経営者の特徴16選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
経営者

こんにちは、石の上にも3年を守ってしまった、みんな島です。

数あるブログの中で本記事に目をとめて下さり、ありがとうございます。あなたがどのような思いでこのブログに辿りつき、どのような状況でこのブログを読んでいるのかを知ることはできません。

あなたが仕事をしているのか?これから仕事を始める人なのかも私には分かりません。確実なことは、2018年5月現在、私が営業の仕事を18年間続けていることと、あなたが本記事を読もうとしてくれている偶然だけです。

そこで、本記事を読むことにより石の上にも3年という言葉に惑わされず、何かおかしいと感じた会社や経営者から逃げだすことは間違っていない選択だと、あなたに感じてもらえたのなら嬉しく思います。

本記事に偶然辿りついたあなたが少しでも思い通りの人生を歩めるように、すぐにでも逃げるべき経営者の特徴や考え方を、まとめているので参考にしてみて下さい。

尚、本記事は私がはじめて挑戦した長文になるので、あなたが思いあたる経営者の特徴だけ目を通して頂いても大丈夫です。

理想と現実の違い

経営者と聞くと、あなたはどのような人物を想像するでしょか?私は世の中の経営者全てが松下幸之助さんのような人徳者であり、素晴らしい方々だと勝手にイメージを膨らませていました。

しかし、保険の営業で多くの経営者に会い、現実を知るとショックを受けることが多かったです。なぜなら、自分が損をしないことばかり考えている経営者が多かったからです。

人は得もしたいけど、損もしたくない感情を強く持っています。経営者も人間だから仕方がないです。しかし、自分のことばかり考えている経営者が増えるとそこで働く社員は幸せになれません。

つまり、従業員の未来・収入の安定・やりがいなどを考えていない経営者が多いということなんです。石の上にも3年と言ってられない、すぐにでも逃げ出すべき経営者の特徴や考え方を知っておいて損はしないと思います。

尚、以前お伝えした離職率が高くなれば、逃げ出したくても逃げ出せない状況に追い込まれる理由もあわせて読んでみて下さい。

①口だけ経営者

「ここまで頑張って業績がアップしたらみんなの給料もこれだけ上がる。どこそこの企業並みにする。」と、経営者に期待をもたされたことはないでしょうか?

「頑張れば◯◯◯するから!」は、口だけ経営者がよく使うパターンです。口だけ経営者の下であなたが働くのなら、覚えておいて欲しいことがあります。

それは「今従業員を大切にしてくれない会社が、少々利益が上がった途端、従業員に大盤振る舞いをしてくれる素敵な会社になることはほぼない」ということです。

保険の営業を通じて数々の経営者の悩みや希望を聞いてきましたが、従業員の未来に対する悩みや希望を話す経営者はいませんでした。あなたが働く会社の経営者が心の底からあなたの将来のことを考えているかというと考えてはいません。

今の状況で会社が儲かった時に、従業員に還元するかというとおそらくしないでしょう。つまり、従業員が自分の人生を捧げて体が壊れるまで働き、会社はそれに報いてくれるか?きっとないということです。

このような経営者には、心を開いて話をしても本音は聞けません。ならば、あなたは口だけ経営者の下からなるべく早く離れるべきではないでしょうか?

②休日出勤を美化する経営者

あなたが働く会社の経営者が、休日出勤を美化する風潮を作りだしていたら、どうでしょうか?

ノルマに追われ期末ごとに数字が迫ってくる。すると目標数値が達成できていなければ休日を返上し、出勤することが当たり前だという風潮の会社を想像すると恐ろしく感じないでしょうか?

このような会社で働きたいと思う人は少ないはずだが、現実は多いんです。あなたの家族のことをちゃんと考えている経営者なら浮かばない発想なんですが、悲しいかな経営者はあなたの家族の心配などはしていません。

目標数値にいかなければ自分の報酬を下げなければいけない。だから、経営者は休日出勤を美化するが口には出しません。経営者が先陣を切って休みを返上しろ!と言ってしまうと立場上アウトなので、かわりに管理職に伝えます。

営業から管理職に代わっても繰り返されるノルマと休日出勤の出口の見えない負のスパイラルは永遠に続きます。負のスパイラルに巻き込まれると、あなたの家族の未来は苦しいものになります。

この負のスパイラルから家族全員が抜け出す方法は、休日出勤を美化する経営者から一刻も早くあなたが逃げ出すことしかありません。

③従業員に頭を下げるが目的が違う経営者

会社には多くの人が在籍しています。人数が増えれば増えるほど社内でのトラブルも多くなります。トラブルの内容によっては、経営者が従業員であるあなたに頭を下げるケースもあるかもしれません。しかし、頭を下げている相手はあなたではなく別の何かであることが多いんです。

左手を失ったときの会社の態度とその後の違いを、別記事でまとめています。尚、経営者があなたに頭を下げるときに何を見ているのかも、分かるのであわせて読んでみて下さい。

経営者が従業員に頭を下げる場合、本当に目を向けている相手をあなたはしっかり見ないといけません。

それが世間体や労働基準監督署などの自身の保身であれば、すぐにでも逃げ出すべきです。なぜなら、経営者が頭を下げた内容の倍以上の苦痛がいずれあなたに降りかかってくるからです。

④軍隊のような規律を求める経営者

あなたはGoogleの社内の映像を見たことがありますか?10年前、テレビに映し出されていたGoogleで働く社員の様子を見て、私はひっくり返ったのを覚えています。

スケートボードに乗っている人もいる。オフィスが自分の好きなものであふれ返っている人。みんながとにかく自由でした。

日本的にいうと収集がつかなくなった、荒れた学校のような社風なのに、世界で1番人々にベネフィットを提供している。それがGoogleでした。

尚、ベネフィットについては、別記事で取り上げているので読んでみて下さい。

Googleとは正反対な軍隊のような規律を求める経営者は、新しい発想・新しい習慣・新しい考え方を取り入れることができないので、閉鎖的で自分の考えがすべてだと思っている人が多いです。

人は強制されることは、他の全てを凌駕して嫌いになる本能があります。よって、軍隊のような規律にしても従業員の意欲は当然下がるだけです。

それさえも分かっていない経営者からは、あなたは即刻逃げるべきだと思いませんか?

⑤仕事ではなく労働を求める経営者

経営者はいかに従業員を安い賃金で働かせ、自分だけがお金に困る事なく安定的に過ごせるかを日々考えています。あなたも薄々感じてはいると思いますが、使命感を持って仕事をしている経営者は少ないのが現状です。

あなたが労働を提供するシステムの一部になってしまうと、労働に対する対価を受けとるだけの人になってしまいます。労働と仕事は違います。あなたのやりたい仕事であるならば、仕事を経営者に捧げるのは問題ないです。

逆に、仕事が労働に変わったとき、あなたの人生は終わってしまいます。あなたの労働は大切な人に使われるのではなく、経営者に使われることになるからです。

貴重な時間と輝かしい未来をあなたが働く会社の経営者に捧げたいと思っているなら反対はしません。しかし、大切な人を犠牲にしてまで捧げるものでしょうか?

あなたの時間と気力と体力を大切な人に使って下さい。家族が路頭に迷い、子供に明るい未来も提供できず、あなた自身の精神も蝕まれる必要もありません。

気力・体力・希望が労働で枯れる前に、必ず逃げ出すべきは、あなたに仕事ではなく労働を求める経営者です。

⑥後方支援にまわるべきと宣言する経営者

経営者の中には自らが営業活動をおこなう人もいます。

自らが営業活動をするため、自分に何かあった場合の会社に対するリスクやこの先も営業を続けなければいけない精神的負担、さらに自由な時間がないとの理由で社員に仕事を任せるケースが多いです。

しかし、計画的に指導をしながら社員にバトンタッチをするのであれば問題ないのですが、面倒くさいことややりたくない仕事から逃げ出す経営者はダメです。

私が携わる保険業界に多いのですが、後方にまわると高々に宣言する経営者は、後方にまわりたいだけの人で自分だけが自由な時間を確保し、従業員の時間を効率よく奪う準備をしています。

尚、保険業界の厳しさは別記事で詳しくまとめています。

そもそも上司や経営者は後方支援をするのが当たり前であって、自分が楽をしたいがために後方にまわるものではありません。部下に自分が後方にまわることの正当性を強調するような経営者からは、逃げだすべきです。

⑦長期休暇を歓迎しない経営者

長期休暇をとる場合、あなたの会社の経営者はどのような言葉で送りだしていますか?例えば

  • 「もうすぐ夏休みとるんだから、◯◯日までに成績はやっといてね!」
  • 「俺は仕事ばかりなのにいい身分やな!」
  • 「若いときは仕事しないと!」

のような嫌味をいう経営者からは逃げた方がいいです。

なぜなら、経営者は自分だけハッピーリタイアをすることを考えていて、自分のペースで時間を使っています。しかし、従業員のあなたはそうではありません。そんな基本的なことを分かっていない経営者からは上記のような嫌味がでてきます。本当に望んでいるのであれば、経営者も休みをとれるはずなんです。それをあえてしていないのは、休みをとる必要がないのです。

理由は、日々自分のペースで時間を使えているからです。そんな経営者にあなたの人生を捧げてしまうとあなたやあなたの家族は年1回の楽しみさえ叶えることができないでしょう。

⑧給与とボーナスを好き嫌いで決める経営者

あなたの給与やボーナスが能力や成果に関係なく、経営者の好き嫌いで決まってしまう環境を想像してみて下さい。

たまったもんじゃないですよね。あくまでも査定基準は経営者の気分次第(笑)

経営者の気分をよくするためにゴマをすり、アピール合戦をし、ヨイショまでして、うまく経営者をもちあげた社員だけが給与アップとボーナス増加をしてもらえるんです。

誰がお客様か分からない状態ですね(笑)そんな経営者が率いる会社に将来はないと誰もが思うのですが、意外に多いです。そのような環境であなたが働いているのであれば、即逃げ出すべきでしょう。

尚、どうしても経営者を煽てないといけない場合でも、苦痛なくできるので参考にして下さい。

そして、正当な評価をしてくれるあなたが活躍できるフィールドは必ずあります。

尚、経営者が嫌いな従業員に対して、ノルマが達成できないからボーナスは出さないと脅かし、不安を煽るような会社にも未来は無いのは言うまでもないですね。

⑨時間は自分でつくるものと発言する経営者

すべての人に時間は平等に与えられていますが、自由になる時間は違います。そして、時間は自分で作るものと発言する人ほど、あなたに仕事を押しつけてこないでしょうか?

経営者がこの発言を多用する場合は気をつけて下さい。なぜなら、時間は自分で作るという意味を違う意味で解釈し、仕事を周りに押し付けるだけだからです。

  • 仕事を押し付けてくるのではないか?
  • 仕事を振ってくるのではないか?
  • 何か頼まれごとを言われるのではないか?

と考えてしまい、あなたの精神的負担は日々増加します。さらに、時間は自分で作るものと発言している人に限って、自分がやりたくない仕事、自分が苦手な仕事を従業員に押し付けます。

仕事を押し付けることで、自分の時間を作る経営者のもとで働くのであれば、即逃げ出そう。そうしないとあなたの自由な時間はなくなる一方です。

たとえ自由な時間が無くなっても焦る必要はないですよ。大事なことはあなたの時間を持てるかどうかです。

尚、本当に自分で時間を作っている人は、周りを巻き込まない人です。何を優先すべきかを把握し、事前準備を徹底しているから巻き込みません。

⑩従業員の時間を奪うことを生きがいにしている経営者

経営者が従業員の自由な時間を奪えば奪うほど、会社の業績は悪化していくと思ったりしませんか?

35年前、お正月といえばどこの店舗も閉まるので年末に食材を買い揃えた記憶があります。それが普通であったし楽しみでした。

一方、2018年の元日を振り返るとお正月なのか?平日なのか?と考えてしまうほど、どこの店舗も営業していましたよね?

当然、店舗が営業しているということは、そこに働く人がいるので、家族もお正月感がしないです。24時間営業している店舗では、シフト制で誰かが休みなく働いています。

尚、従業員の自由な時間を奪う経営者は、あなたのことを本当に育てようと思っていない事実は、別記事でまとめています。

会社側はいかに従業員を効率よく働かせるかという点に着目しています。一方、そこで働く人たちは会社に全てを捧げているので自由がありません。

つまり、あなたは人生で残された時間の全てを会社に捧げているのです。そして、従業員の残された時間を奪えば奪うほど、業績は落ちていきます。

なぜなら、仕事が労働の提供だけに変化するからです。あなたの自由な時間を奪うことに執着している経営者は、私は最も逃げ出すべき人だと声を大きくして言いたいです。

⑪経費削減を命令しつつ自分の経費は全て会社で落とす経営者

経費削減というのは聞こえがいいですが、従業員には経費削減を徹底させておいて、自分は湯水のように経費を使っている経営者は多いです。

従業員にはガソリン代や携帯代・高速代などを自腹で払わせるのに、経営者は全てを経費で支払う。家庭の支出も全て会社が負担する。

経営者はそれが特権だという人もいますが、従業員の福利厚生をしっかりとしている経営者なら文句はないでしょうが、多くの企業はそうではありません。

あなたが経費削減したものは、自分たち従業員には還元されません。間違いなく経営者の懐に入っています。経費をごまかす人間は成功しないそうです。

尚、ごまかすを超えるが保険金詐欺についても別記事で触れています。お金への欲が理性を上回る様子を感じとれるかと思います。

あなたは経営者の経費に対する考え方を観察し、矛盾を感じるのであれば違うフィールドを探すべきでしょう。

⑫従業員が発言した著名人の名言をよく思わない経営者

あなたは著名人や偉人たちの言葉に胸が熱くなったことはないだろうか?私はすぐに共感してしまい、熱くなりまわりの人語ってしまう。ブログで何かを発信しようと思う気持ちと同じだ。

私は以前、感動した言葉を社内で発表したとき、経営者が不機嫌になってしまった経験がある。

そのとき発表した言葉は「怒るということは自分が偉いと思っているからだよ。俺は自分を偉いと思っていないから、怒らない。」という内容だった。

私は、自分への反省のつもりで発表したのですが、勘違いされ後で呼び出された。その経営者がいつも怒っている人だった。

話し下手の営業」の方がいいのかもしれない。

よい言葉は胸に刺さる。誰が発信しようが心に響けば胸に刺さる。そこには謙虚さがあるからこそ素直に聞くことができる。

部下が発する正当性のある言葉に腹をたてる程度の経営者は、謙虚さが備わっていない。謙虚さをもたない経営者は、あなたを雇用してあげているという意識が強い。

あなたが発信するよい言葉に耳を傾けない経営者なら、将来あなたの意見はきかない。あなたの意見に耳をもたない経営者などこちらから願い下げだろう。

⑬サービス業を都合よく利用する経営者

サービス業だから◯◯して当たり前という風潮を感じることが多くはないだろうか?サービス業といえば今最も人気のない職業で、特に若者から支持されていない。

私は、人気のない理由を経営者がサービス業という名の武器で従業員を疲弊させている現状を、若者が敏感に感じ取っているからだと思っている。

経営者は従業員をいかに安い賃金で働かすことだけを考えている。そこで、経営者の思いではなくサービス業だからお客様のために◯◯しようと正論を振りかざす。

尚、正論や鉄則をふりかざすと何がいけないかは別記事で詳しく解説しています。

以下のような発想をする経営者は多い。

  • サービス業だからお客様が最優先!あなたの昼休憩を犠牲にするのは当たり前
  • お客様が最優先だから休日出勤も当たり前

など全てをお客様のためにという言葉で従業員を強制する経営者はあなたにとって危険でしかない。

本当にお客様のことを考えている経営者は、従業員がいきいきしている状態も作り出し、最高の状態でお客様をおもてなしすることに全力を傾ける。

つまり、お客様も従業員もどちらにも配慮しているのだ。しかし、多くの現場ではお客様ファーストという名の従業員の奴隷化が進んでいる。

あなたがサービス業で働き、あなたの会社の経営者がお客様のためにと連呼し、従業員の自由を奪う職場であればすぐにでも逃げ出して欲しい。

⑭「一般常識」が口癖な経営者

部下を指導するときに「一般常識が欠けている」「社会人としてのマナーがなっていない」などの発言が口癖になっている経営者は注意が必要です。

そもそも一般常識ってなに?社会人のマナーってなに?という時代に、自分の常識以外は排除する経営者の下であなたが働いてしまったら、新しい考え方や新しい価値観で仕事をすることはで難しいです。

話はそれますが、以下の記事に出てくる社員であれば間違いなく一般常識がなっていないと怒られるはずです(笑)

新しい価値観や考え方を取り入れないということは、後退を意味します。後退していく会社で働くのなら少しでも早く逃げるべきだと思いませんか?。

⑮占いですべて決める経営者

あなたのまわりで占いが好きな友達はいないだろうか?友達ならまだいいが、上司や経営者が占い好きなら大変だ。あなたの生年月日などを勝手に持ち出し、占い師に見てもらい。

  • どういう性格なのか?
  • 会社に必要なのか?
  • 責任者にすべきなのか?

など、本来自分が決めるべきことを占い師に答えを求める経営者は要注意だ。なぜなら、あなたがいくら頑張っても占い師のお目にかからないと浮上することができないからだ。

最悪なケースは、占いの結果を部下にしゃべってしまうケースだ。ここまでくると経営者の資質を疑われるだろう。そんな経営者はいないだろうと思っているだろうが、実は多い。

経営者は孤独なので、誰かに助言してもらい自分の都合のよい理由を見つけるのだ。

占いで決めるなら、小学生に聞いた方がまだいい。なぜなら、統計的に子供の勘は大体あたっているらしいからだ。

あなたがもし経営者とコミュニケーションを計れるのなら、占い好きかどうかそっと聞いてみて欲しい。そして、占い好きならば人事異動などを注目して下さい。

誰もが納得いかない人事異動なら、占いが関与しているかもしれない。

⑯従業員の家族を含めて全ての命が自分にかかっていると強調する経営者

「あなたやあなたの家族の将来は経営者である自分にかかっている」と恩着せがましく話す経営者がいないだろうか?

あなたの会社の経営者がそうであるなら逃げるべきだ。なぜなら、あなたを守ることは経営者として当然のことであり、わざわざ口に出すことではないからだ。

わざわざ口に出すということは、周りから認められたいという自己承認欲求が誰よりも強い。自己承認欲求が強い経営者の下で日々仕事をすると、あなたはいつも経営者をもちあげないといけない。

次第に、誰のために働いているのかが分からなり、あなたのやるべき仕事ができなくなるので、距離をおくか逃げ出すべきだろう。

まとめ

企業の社風は経営者が作り出していることが多いので違って当然だ。あなたが働く会社の経営者を自身の目で冷静に分析すると、あなたが人生の大半の時間を捧げるに値する会社なのかどうかは分かる。

「石の上にも3年だから不平不満を言わず頑張りなさい!」とまわりから言われても、3年を待たずに逃げ出すべき会社は存在する。

例えば、経営者が方向性を見失っている場合がそうだ。あなたがどんなにがんばっても経営者の方向性が間違っていたら修正不可能だ。

決して人ごとではなく、自分の会社がどのような方向性かを真っ先に確認すべきだ。

あなたが経営者に対して何となく違和感を感じているのであれば、おそらく間違っていない。人は最初に感じるインスピレーションは、ほぼ当たる。

長い人生の中であなたの貴重な時間を一番捧げているのは、何よりも会社なのだからインスピレーションを信じようではないか。

人生は一度きり、他人の成功のためにあなたやあなたの家族が犠牲になる必要はない。

だからこそ、逃げ出すべき経営者なのかどうかをしっかりと判断し、石の上にも3年という言葉通りに待たなくても、逃げ出すべき時は自分を信じて逃げ出して欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す