石の上にも3年は嘘!あなたがすぐ逃げ出すべき経営者の特徴16選!

転職のタイミング 仕事
みんな島
みんな島

こんにちは、石の上にも3年を守ってしまった、みんな島です。

数あるブログの中で本記事に目をとめて下さり、ありがとうございます。あなたがどのような思いでこのブログに辿りつき、どのような状況でこのブログを読んでいるかはまだ知ることはできません。

仕事をしているのか?これから仕事を始める人なのかも私には分かりません。確実なことは、2018年5月現在、私が営業の仕事を18年間続けていることと、あなたが本記事を読もうとしてくれている偶然だけです。

 

そこで本日は、石の上にも3年という言葉に惑わされず、何かおかしいと感じた会社や経営者から逃げだすことは間違っていない選択だと、本記事を通じて感じてもらえたのなら嬉しく思います。

 

少しでも思い通りの人生を歩めるように、すぐにでも 逃げるべき経営者の特徴や考え方 を、まとめているので参考にして下さい。

理想と現実の違い
みんな島
みんな島

経営者 と聞くとあなたはどのような人物を想像するでしょうか?

私は世の中の経営者全てが松下幸之助さんのような人徳者であり、素晴らしい方々だと勝手にイメージを膨らませていました。しかし、保険の営業で多くの経営者に会い現実を知るとショックを受けることが多かったです。

 

なぜなら、自分が損をしないことばかり考えている経営者が多かったからです。

 

人は得もしたいけど、損もしたくない感情を強く持っています。経営者も人間だから仕方がないです。しかし、自分のことばかり考えている経営者が増えるとそこで働く社員は幸せになれません。

つまり、従業員の未来・収入の安定・やりがいなどを考えていない経営者が多いということなんです。石の上にも3年と言ってられない、すぐにでも逃げ出すべき経営者の特徴や考え方を知っておいて損はないでしょう。

尚、以前お伝えした 離職率80%の社風!辞めたくても辞めれない会社の3つの特徴とは? を先に読んでおいて下さい。

スポンサーリンク

口だけ経営者

休日出勤を美化する経営者

従業員に頭を下げるが目的が違う経営者

会社には多くの人が在籍しています。人数が増えれば増えるほど社内でのトラブルも多くなります。トラブルの内容によっては、経営者が従業員であるあなたに頭を下げるケースもあるかもしれません。しかし、頭を下げている相手はあなたではなく別の何かであることが多いんです。

左手を失ったときの会社の態度とその後の違いを、別記事でまとめています。尚、経営者があなたに頭を下げるときに何を見ているのかも、分かるのであわせて読んでみて下さい。

経営者が従業員に頭を下げる場合、本当に目を向けている相手をあなたはしっかり見ないといけません。

それが世間体や労働基準監督署などの自身の保身であれば、すぐにでも逃げ出すべきです。なぜなら、経営者が頭を下げた内容の倍以上の苦痛がいずれあなたに降りかかってくるからです。

軍隊のような規律を求める経営者

移動中です

仕事ではなく労働を求める経営者

移動中です

後方支援にまわるべきと宣言する経営者

長期休暇を歓迎しない経営者

給与とボーナスを好き嫌いで決める経営者

時間は自分でつくるものと発言する経営者

従業員の時間を奪うことを生きがいにしている経営者

移動中です

経費削減を命令しつつ自分の経費は全て会社で落とす経営者

従業員が発言した著名人の名言をよく思わない経営者

あなたは著名人や偉人たちの言葉に胸が熱くなったことはないだろうか?私はすぐに共感してしまい、熱くなりまわりの人語ってしまう。ブログで何かを発信しようと思う気持ちと同じだ。

私は以前、感動した言葉を社内で発表したとき、経営者が不機嫌になってしまった経験がある。

そのとき発表した言葉は「怒るということは自分が偉いと思っているからだよ。俺は自分を偉いと思っていないから、怒らない。」という内容だった。

私は、自分への反省のつもりで発表したのですが、勘違いされ後で呼び出された。その経営者がいつも怒っている人だった。

話し下手の営業」の方がいいのかもしれない。

よい言葉は胸に刺さる。誰が発信しようが心に響けば胸に刺さる。そこには謙虚さがあるからこそ素直に聞くことができる。

部下が発する正当性のある言葉に腹をたてる程度の経営者は、謙虚さが備わっていない。謙虚さをもたない経営者は、あなたを雇用してあげているという意識が強い。

あなたが発信するよい言葉に耳を傾けない経営者なら、将来あなたの意見はきかない。あなたの意見に耳をもたない経営者などこちらから願い下げだろう。

サービス業を都合よく利用する経営者

「一般常識」が口癖な経営者

占いですべて決める経営者

あなたのまわりで占いが好きな友達はいないだろうか?友達ならまだいいが、上司や経営者が占い好きなら大変だ。あなたの生年月日などを勝手に持ち出し、占い師に見てもらい。

  • どういう性格なのか?
  • 会社に必要なのか?
  • 責任者にすべきなのか?

など、本来自分が決めるべきことを占い師に答えを求める経営者は要注意だ。なぜなら、あなたがいくら頑張っても占い師のお目にかからないと浮上することができないからだ。

最悪なケースは、占いの結果を部下にしゃべってしまうケースだ。ここまでくると経営者の資質を疑われるだろう。そんな経営者はいないだろうと思っているだろうが、実は多い。

経営者は孤独なので、誰かに助言してもらい自分の都合のよい理由を見つけるのだ。

占いで決めるなら、小学生に聞いた方がまだいい。なぜなら、統計的に子供の勘は大体あたっているらしいからだ。

あなたがもし経営者とコミュニケーションを計れるのなら、占い好きかどうかそっと聞いてみて欲しい。そして、占い好きならば人事異動などを注目して下さい。

誰もが納得いかない人事異動なら、占いが関与しているかもしれない。

従業員の家族を含めて全ての命が自分にかかっていると強調する経営者

まとめ

企業の社風は経営者が作り出していることが多いので違って当然だ。あなたが働く会社の経営者を自身の目で冷静に分析すると、あなたが人生の大半の時間を捧げるに値する会社なのかどうかは分かる。

「石の上にも3年だから不平不満を言わず頑張りなさい!」とまわりから言われても、3年を待たずに逃げ出すべき会社は存在する。

例えば、経営者が方向性を見失っている場合がそうだ。あなたがどんなにがんばっても経営者の方向性が間違っていたら修正不可能だ。

決して人ごとではなく、自分の会社がどのような方向性かを真っ先に確認すべきだ。

あなたが経営者に対して何となく違和感を感じているのであれば、おそらく間違っていない。人は最初に感じるインスピレーションは、ほぼ当たる。

長い人生の中であなたの貴重な時間を一番捧げているのは、何よりも会社なのだからインスピレーションを信じようではないか。

人生は一度きり、他人の成功のためにあなたやあなたの家族が犠牲になる必要はない。

だからこそ、逃げ出すべき経営者なのかどうかをしっかりと判断し、石の上にも3年という言葉通りに待たなくても、逃げ出すべき時は自分を信じて逃げ出して欲しい。

コメント