会話が続かないなら櫻井くんや村尾キャスターが使う言葉を真似しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
会話が苦手

こんにちは、ニュースの見方が変わった、みんな島(@minnajimaai)です。

「〇〇さんって、何を考えてるかわからな〜い。」

と言われたことや

「〇〇さん、ちゃんと聞いてる?わかってるの?」

と真剣に相手の話を聞いているにも関わらず、念押しされた経験などはないですか?

くっそ〜と思いますが、私は今でも時々言われます。昔はもっと多かったんですけどね。そんな私に転機を与えてくれたのが、

「横にすべるのではなくて、縦に掘り下げるんだよ。」

と、会話が得意だと思っていた私の頭を優しく叩き、かけてくれた上司の言葉です。

横にすべる?縦に掘り下げる?今になれば上司が伝えたかったことは分かりますが、当時の私は全く理解できていません。

なぜなら、話題が途切れず会話を続けることがベストだと思っていたからです。

差し障りのない話をして会話を続けるだけで、自分は会話が得意だと思い込んでいたんですね。あ〜恥ずかしい ^ ^。

上辺トークだけで終わりたくないのに、なぜか終わってしまう。相手が本当に伝えたい内容にまで辿りつけない。聞いてる?となぜか念押しされる。

そんな自分の思いと正反対な受け取られ方をされてしまう状態が、簡単に改善できる深堀り言葉を2つ、本日はご紹介します。

本記事を読んでみて欲しい人 会話が苦痛で続かない人

相手の話を深堀りできない人

うわべトークになってしまう人

 本当に聞いてる?とよく言われる人

じゃあ、本記事で紹介する深掘り言葉を使うと、どうなるのでしょう。それは、

メリット相手がもっと話をしたいという思いを利用して、簡単に相手の話を掘り下げることができ、その結果、相手も喜び会話が続くようになります。

さらに、聞き上手だねとも言ってもらえます。もちろん、ほんとに聞いてるの?と、念押しされることもなくなりますよ。

村尾キャスターと櫻井翔くんが使う2つの言葉とは?

本記事で取り上げる深堀り言葉は、合気道のような感じです。えっ、合気道(笑)?となりますが、理由は

自分主導で話をせず、相手の話す力(話したいという欲求)を使うからです。

早く教えろよ!って声が聞こえたので、もう深堀り言葉を発表しますね。では、合気道のように相手の力を使って懐に飛び込むその言葉は・・・

🔵「~と、おっしゃいますと?」
🔵「もう少し具体的に~」

です。尚、深堀り言葉ではないですが、会話が続かない場合に役立つ魔法の言葉を別記事にしていますので、会話が続かない人はぜひ使ってみて下さい。

では、深掘り言葉の使い方を説明する前に、会話が得意だと勘違いしていた私が、現実を突きつけられた出来事をどうぞ!

会話が続かない現実を知る

私が30代前半の時の話です。ある資格を取るためにヒアリングの勉強をしていましたが、座学の間は少なからず会話を続けることは難しいと感じませんでした。

ヒアリングとは?相手から直接情報を入手すること

が、しかしです。ヒアリングの実技練習を始めると20分も話せません。自分が聞きたいこと、聞かなければならないことを伺って終わってしまうんです。

資格取得には、3時間のヒアリングでお客様の思いにどれだけ添い遂げることができたのかというのが基準なのに ^ ^。

つまり、私の力量では、相手が話したい内容に辿りつくことができないのです。

そして、鼻をへし折られ、私がどん底に叩き落とされた時上司がかけてくれた言葉が

🔵「横にすべるのではなくて、縦に掘り下げるんだよ。」

です。次に、そんなどん底の私を救ってくれた深掘り言葉を解説していきましょう。

「〜と、おっしゃいますと?」

あなたの目の前で楽しそうに話をしている人は、もう少し深いところまで話をしたいと必ず思っています。

どんなにおしゃべりな人でも実は気を使っていて、まだまだ話し足りません。

だからこそ、相手が話してくれた内容について掘り下げるのです。相手は深掘りされたくて喋っていますから。

相手がもっと聞いて!と思っている時に「~と、おっしゃいますと?」と疑問形で聞くと、水を得た魚のように喋ります。

目の前の相手が話す。そして、「~と、おっしゃいますと?で深掘りすると、さらに嬉しそうに話す。これをループすれば、会話は続きます。

実は「~と、おっしゃいますと?」は、日常会話で使っているようで使ってません。意識しないとついつい自分の意見を言ったり、違う話題に話を移してしまいます。

だって、人の話を聞くことは誰だって疲れますから・・・。

しかし、ある日の夜ニュースを見ていて、キャスターがゲストや解説者に向かって、多用していることに気がついたんです。

そうです。村尾キャスターと櫻井翔くんが使っていたのです。さすがです。

使い方事例①

🔵「実は、昨日大変なことがあって」

🔵「そうなんですね。大変なことがあったんですね。大変なことと、おっしゃいますと?」

使い方事例②

🔵「聞いて~、この前ショックなこと言われてさ~ 」

🔵「え~、そうなんですか?ショックなことと、おっしゃいますと? 」

どんな話題にも使えるのでぜひ相手の話にもう一歩だけ踏み込んであげて下さい。

注意点同じように「〇〇と、申しますと?」を使う人がいますが、それはやめましょう。

「もう少し具体的に」

もう少し具体的に〇〇」も村尾キャスターや櫻井翔くんは、よく使ってます。

使用事例

🔵当時の心境を「もう少し具体的に」教えて頂けますか?

🔵先ほどお話頂いた内容を「もう少し具体的に」教えてくれますか?

ね、どんなケースでも使えるでしょう。

もっと良い使い方

前回紹介した「教えて頂ける範囲で結構ですので」を付け加えるとさらに完璧です。

🔵当時の心境を「教えて頂ける範囲で結構ですので、もう少し具体的に」教えて頂けますか?

今の段階でも詳しく教えてくれているけど、さらに知りたいという思いが伝わり、相手は気持ちがよくなり、ずっと喋ってくれますよ。

まとめ

相手の話を全力で聞き深掘りさえすれば、

「ちゃんと聞いてるの?」
「何を考えてるかわからない。」

と言われることはありません。分かっているけど、深掘りするのは難しいんです。そんな時に有効なのが

🔵「〇〇と、おっしゃいますと?」
🔵「もう少し具体的~」

村尾キャスターや櫻井翔くんも使っている言葉です。ニュース番組での2人を意識して観察すると、しっかり使ってます。

目の前の人が話し終わったら、まだ話したそうにしている内容を感じとり

「~と、おっしゃいますと?」や「もう少し具体的に〇〇」でつないでみてください。きっとたくさん話をしてくれますよ。

そして、ブログを書いているときにふと閃(ひらめ)いたのが、

閃き!「ブログ記事も横にすべるのではなく、縦に掘り下げることが大切なんだ。」

ということです。これからはブログもそうありたいものです。浅い文章より1つのことに深い文章ですね ^ ^。

本日もお読み頂きありがとうございます。最後に、本記事と関係性が高い記事をピックアップしてみました。


ピックアップ記事のコメントも頂けると嬉しいです ^ ^。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. カティー より:

    この記事で気づいたのですが、私もよく横にスライドの会話をしています(^^; 妻にも「ちゃんと聞いてる?」と言われます(笑)
    自分がしゃべっている側で考えても、気を使って抑えることってよくあります。実は他の人もそうだったんですね。これからは深掘り意識していこうと思います(^^)

    1つ教えて頂きたいのですが、「〇〇と、申しますと?」がダメなの敬語の使い方がおかしいからでしょうか⁇

    1. みんな島 より:

      コメントありがとうございます。
      カティーさんでも奥さんに言われるんですね(笑)正直、意外です。
      私なんて今ではもう「ちゃんと聞いてる?」のちゃんともなく、聞いてる?だけです^ ^。
      年齢を重ねるとついつい家族間でも体験談を語ってしまうので、横にスライドさせてしまいます。まだまだダメです。
      さらに、「〇〇と、申しますと?」が敬語としておかしいことも最近知ったところです(笑)。
      「幸いです」と「存じます」どちらを使うか悩んでいたら、正解が「幸いと存じます」の事実を知り、本日も大笑いしていたところです。

  2. たちゃまる より:

    恥ずかしながら、まさにその「ちゃんと聞いてる?」って言われることがあります。私も話下手ではない方だと思っていたのですが、独りよがりなのかもしれないと思いました。あと、ニュースゼロをみんな島さんのように思って見たことがありませんでした。これも人の話を聞いていないってことなのでしょうか(笑)勉強になります。

    1. みんな島 より:

      たちゃまる様、私もまだまだですよ。ついついマシンガントークしてしまいます。ニュースやCMの見方が昔と違って本当に変わりました。最近は語彙力を高めたくてどうすればいいのか悩んでます。何か良い方法があれば教えて下さい、たちゃまる様。

コメントを残す