みずほフィナンシャルグループの株価予想【8411】はなぜ安い?

みずほフィナンシャルグループ株価予想 投資

この記事は【8411】みずほフィナンシャルグループの株価が今後どうなるのか?を考えています。

こんにちは、みんな島(@minnajimaai)です。しかしビックリしましたね。あの みずほ

純利益90%下方修正

なんですから。正直、赤字まであと一歩。ある意味 崖っぷち と言っていいでしょう。規模の大小に関わらず、企業として一大事です。

そんな崖っぷちで踏ん張る企業、それが本記事でご紹介する

みんな島
みんな島

みずほフィナンシャルグループ です。

みずほフィナンシャルグループの株価予想

みずほフィナンシャルグループ株価予想

引用先「SBI証券」

何故こんなことになったのか?
今後どうなるのか?

紐解き、予想していきましょう。

みずほの現状把握

2019年3月期決算

  • 7000億近い 損失 を計上→純利益5700億→800億に修正

ちなみに

  • 三菱UFJ 9500億
  • 三井住友 7000億

となっていて、差は圧倒的 ですね。

みんな島
みんな島

第3四半期(2018/10~12月)で純利益進捗率が70%ほどしかなく、90%を超えていた三菱UFJと三井住友とはその時点で 明暗が分かれ ていました。

みずほフィナンシャルグループの株価はなぜ安い?

低金利政策や、海外相場の影響(米中貿易摩擦や米国の金利上昇による株式市場の下落etc.)など避け得ない状況は確かにありました。

しかし、そういった外の要因なら他のメガバンクでも同じです。

みんな島
みんな島

つまり、真の原因は” 中 “にあるのではないでしょうか?

内的要因

巨額損失の中で最も目を引くのが システム開発費 

金額は 4000億以上

本来この費用は、減価償却で数年かけて計上していく予定だった様です。

しかし、厳しい経営環境で毎年数百億円の負債を背負うのは得策ではなく、ならばいっそ全てを…ということにしたのでしょう。

次に目を引くのが市場への認識不足( 2000億近い損失 )。

国内はもとより、海外の債券市場は政治情勢などの複雑な要素が絡み合います。

みんな島
みんな島

つまり”組織として”高レベルな判断が要求されます。

みずほはメガバンクへの組織改編で、担当する部門への注力が不足していたのです。優秀な人材がいても、環境が整っていなければ力は発揮できません。

大きな利益を出す可能性があるということは、同額以上の損失を出すかもしれない…その理解が十分でなかった訳です。

上記二つほどではありませんが、支店の統廃合による減損も影響しています。

結論

株の売買について2019年は「 待ち 」の一言

今までの情報を見る限り、みずほを取り巻く内外の環境は非常に厳しくなっていると言えます。

みんな島
みんな島

一連の処理は、2018年4月に就任した坂井辰史新社長によるものです。これらには” 膿を出しきる “といった覚悟が見えますが、” 覚悟 “だけでは判断できません。

2019年度には次期中期計画が発表されるので、それを待って決めた方がいいでしょう。ただ、次期中期計画の発表を待っているだけでは駄目です。

社長のインタビューや、みずほの新たな動きにも注視して情報を集めなければなりません。次期中期計画の発表は最後のまとめ、くらいの感じで情報を集めるべきです。

みんな島
みんな島

発表されてから動いていては遅いですよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。投資と関係性が高い記事をピックアップしていますので、ぜひ読んでみて下さい。

 

 

みんな島
みんな島

本記事の内容が少しでもお役に立てたなら、コメントやシェアして頂けると嬉しいです ^ ^。

コメント