日経平均株価が2019年に大暴落を開始するなら読んで欲しい2冊の本

ブラックスワン 投資
みんな島
みんな島

こんにちは、勉強すれば株は儲かると思っていた、みんな島(@minnajimaai)です。

投資のノウハウ本を読むだけで初心者が株で儲けることができたら良いですよね?過去に私は 勉強すれば勝てる と本気で思ってました。

しかし、残念ながら投資の本を読み勉強するだけでは勝てません。なぜなら頭で分かっていても行動が伴わないからです。

ただ、本を読めばあなたが相場から撤退することなく生き続けられる可能性は確実に上がるんです。先人たちの 経験談を本を読むことにより学べる からです。

  • どのような状況であれば株を買うべきなのか?
  • どんな状況になれば株を買ってはいけないのか?
  • バブルが弾けるときの様子は?
  • 暴落中の投資家の行動は?
  • 株式投資で最もやってはいけない行動は?

この5つさえ分かれば負ける気がしないでしょ?過去の相場で苦い経験をしてきた投資家たちの教えは、お金を出してでも知りたい情報、まさしく宝なんです。

そこで本日は、これから必ず起こる株式市場の大暴落にむけて読むべき本、特に 初心者におススメの本 を2冊ご紹介します。

尚、1冊は私自身投資を始めると同時に何度も読んだ本になります。友達を集めて投資サークルを作り仲間と分析し再現したのもこの本でした。

今も尚この本に書かれていることが私の相場観の根底にあります。逆にもう1冊は、大暴落はなぜ起こりいつ起こるのかの ヒントが書かれた本 です。

山ちゃん
山ちゃん

あー、人間の心理面を覗ける本ね!先輩が昔から良いよって言い続けている本ですね。

本ブログで度々登場する山ちゃんは2019年に投資家になる男で、暴落後のチャンスを虎視眈々と狙っている私より知識も話術も長けてる後輩です。つい先日も 三菱UFJ銀行 について株価予想を聞いてきました。

みんな島
みんな島

後日、記事にしますのでしばらくお待ちください。そして、本題に話を戻しますね。

スポンサーリンク

暴落前に読むべき本とは?

暴落前に読んでみて欲しい と願う本の作者の名前は 二階堂重人 さん。

私が13年以上株式相場から撤退することなく生き残れているのは、二階堂重人 さんの本のおかげです。もちろん会ったこともないですが、ブログをされていた時期は更新の度に読んでました。

今はまた再開していますね。検索したら出てきますよ。数多くの本をお書きになっていますので、あなたが読みたくなるようなタイトルのものから選んで読んでみるのもいいですよ。

ちなみに私がまず初めに読んだ本は 最新版 サラリーマンが株で稼ぐ一番いい方法―1年で「給料」の3倍を手に入れる! (知的生きかた文庫) でした。

サラリーマンが・・・の部分に惹かれた記憶はあります。今なら 中古でも安く買える のでおすすめです。では次に、暴落前に投資の本(二階堂重人さん)を読むべき理由を確認していきましょう。

只今、Amazon Audibleを試してみると 無料で本を1冊プレゼント してくれるので、本を購入するなら有効活用すべきです。

株式投資で勝ち逃げは難しい

株で資産を増やし1億円にして仕事を引退してやる!

と希望を抱き株式投資をしている人も多いでしょう。もちろんできる人もいますが一握りです。現実はごく一部の人だけです。中途半端な額では終われない のが理由です。

仮想通貨を保有している誰もが億万長者になっていて、保有していない自分だけが取り残されていると感じた、ちょうど1年前の仮想通貨市場が良い例ですね。

そして、投資で 増えたお金は再度投資に回す ことが多いのも原因です。

一方、再投資したお金が減ると人は苦痛を感じます。意外に 増えるのが当たり前 と思っている人が多く、減ったら取り返そうと思い出す人が多いんです。

みんな島
みんな島

Aという株が下がりっぱなしだから、B株に変更するような話です。結局どちらとも下がるんですけどね。

もちろん頭では理解していますよ。投資ですから。でもお金が減ると苦痛を伴うんです。そして、下がると取り返したくなるのが人間です。

みんな島
みんな島

仕方ありませんね。私もそうです。

だから、株式投資では勝ち逃げが難しく、負けたまま終わることも難しいのです。

つまり、株式投資を始めるなら 生き残ること を最優先に考えないといけないのです。そして、この生き残ることに効果的なのが 二階堂重人 さんの本なんです。

 

理由は簡単、株を買うべきポイントと売るべきポイントを 具体的に教えてくれているから なんですね。

みんな島
みんな島

せっかく投資をスタートさせるなら、マイナススタートは嫌でしょ?

さらに話すと 二階堂重人 さんのトレードを参考にするなら、株を始めるタイミングが 暴落と重なっても全く関係ない からです。

どちらかと言うと暴落時にスタートした方がいいぐらいです。もうすでに日経平均は下落が始まっています。だからこそ2019年は株をスタートさせるには良いのです。

ちなみに私は最悪な時期に株式投資を始めていますよ。2006年1月からです。でも、二階堂重人 さんの本を読んでいたおかげで相場で生き残れています。

尚、最悪な時期から株式投資を始めることができたので、暴落のサインも体験で学べていますよ。

 

株価暴落のサインを5つご紹介!最大の原因は消費税増税になるのか?
消費税増税が正式に発表され今後の株式相場の行方が気になりますよね?私はいよいよだと気を引き締めています。増税後の株価は暴落を避けることはできません。しかし、株式相場が暴落する直前には必ず前兆サインがあります。本記事では2019年に来るであろう大暴落を回避するため暴落の前兆サインを5つご紹介しています。

 

投資家の行動はいつの時代も変わらない

2019年の株式市場は上がるの?下がるの?と考える前に、2018年のパフォーマンスは今日現在まででどうだったかを考えてみましょう。

みんな島
みんな島

あなたの 2018年 のイメージではどうですか?

実は先日予想外のブログ記事を見つけ驚いたんです。その記事では、2018年の投資成績は1972年以降 最もパフォーマンスが悪かった 年になりそうだと書かれていました。

みんな島
みんな島

私が生まれる前からで最悪なんだそうですよ。

私が望む暴落はもっともっと大きなものなので、今年もなかなか下がらないなというイメージだったんですが、実際は違うんですね。

これにはビックリでした。

望むべき答えが違うだけで相場感が全く違うのは不思議です。だって私は2018年はパフォーマンスが良いだろうと感じてましたから。

そんな中、変わらないのは 投資家たちの行動 です。世の人が売るときに売り、世の人が買うときに安心して買う。それでは当然お金は増えません。

増えないならしんどい思いをしてまで株式投資をしなくてもいいわけですから。

だからこそ、世の人の心理面を勉強し大暴落のタイミングを肌で感じ察知して欲しいのです。

みんな島
みんな島

そこで2冊目の本の登場です。

名前は ブラックスワン。大暴落が来ると分かっていても頭で理解している通りにできない理由がわかります。

まとめ

大暴落が始まる前になぜ本を読むべきなのか?それは 大暴落こそ株初心者にとってチャンスだから です。

大勢が株式投資からお金を引き上げるから大暴落につながるのです。だからこそチャンスが生まれます。

ただ、闇雲に買いに向かってはいけません。ちゃんとタイミングがありますから。そのタイミングを 二階堂重人 さんの本で学んでみてください。

きっとあなたの資産は増え、相場で生き残る確率は増えますから。

そして、来年以降に来るであろう株式相場の 大暴落の引き金 ブラックスワン 読んで感じ取って回避して下さいね。

 

 

追記

最後に Amazonから嬉しいプレゼント があります。それは 生涯投資家 を無料で手に入れることができるんです。生涯投資家とはあの伝説の 村上世彰 さんの本です。

しかも、Amazonオーディブルを使い、本を読む時間がない人に最高な 本を聴いて読む ことができます。もちろん1冊本を貰って脱退すればお金もかかりませんので、無料で個人投資家が株で利益を出せない理由が分かります。

もちろん、村上世彰 さんの本以外にも無料で読める本は多数ありますよ。例えば、ホリエモンとか。

読んでみたいという人は、下記バナーより 1分 で読み始めることができるので 無料TRY してみて下さい ^ ^。

 

Amazon Audible の詳しい内容は おすすめ本ランキング2019!無料で新刊レベルの本を読む方法 でも紹介しています。最後まで本記事を読んで頂きありがとうございます。投資で大きな損を食らわないためにも関連記事も是非あわせて読んでみて下さい。

 

 

コメント