ブラックペアンの120字のセリフに感動!神の手>論文の考えが崩壊?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
論文

こんにちは、みんな島です。

「腕のいい医者は何をやってもいいんだよ!」

と語る主人公と論文により地位を得ようとする人たちを描くドラマ「ブラックペアン」に今ハマってます。

目の前の患者を助けるのが医者だ!論文で目の前の患者が救えるのか?というセリフを聞くと、論文より腕のいい医者をのように思ってしまう自分がいるんです。

しかし、今回のあるシーンで考え方が少し変わったという話と論文と作文の違い、そして、論文とブログの類似点を本日は記事にしたいと思います。

ドラマ「ブラックペアン」の感動シーンとは?

神の手を持つ教授が重度の心臓疾患で倒れ、手術は困難を極める。

成功する可能性は限りなく「」に近く、神の手を持つ医師が死んでしまえば、これから治療を受けるであろう人々を救えなくなると医局員は途方にくれる。

何とかして教授を救いたいという思いから、世界中に同じ症例がないかを探すが見つからない。

そんな中、イケメン研修生が誰よりも論文に詳しい人に会いに行き、アドバイスをもらう場面でのセリフに、私みんな島はハッとさせられました。

感動シーンの「セリフ」

「 私は幼少時に難病にかかり、もう命がない状態だった。しかし、当時の担当医師が世界中から論文をかき集めてくれて治療法を見つけてくれた。世界のどこかの研究が、他の国の誰かの命を救う。それが論文本来の役割です。誰かの出世のためではなく、命のための論文です。」

という内容でした。このセリフを聞いたのが昨日、すぐにでも記事にしようと取りかかるほどの感動でした。尚、なぜすぐ記事にしようとしているかは、別記事にまとめています。

論文とは?

「論文って何?」と質問されると、あなたは説明できるでしょうか?私みんな島は説明できないのでネットで調べてみました。

🔵 論文とは、意見を述べて議論する文章。特に、学術研究の成果を筋道立てて述べた文章。

となっていました。筋道を立てて述べるのはイメージできるのですが、

「論文の中で、意見を述べて議論してるんだ。知らなかった」と感じ、何にも分かっていないことに気がつきました。

私が論文に持っているイメージは、作文のようなものなのかもしれません。

作文とは?

作文は馴染みがありますよね。学生時代によく書かされるやつですね。念のために調べると

🔵 作文とは、経験や体験に基づいて自分の意見や考えを書いた文章。

らしいです。

まさしく私が論文に対して持っていたイメージです。論文の意味も分かってないのに、論文が出てくる「ブラックペアン」の感動シーンを語るなよって感じですね。

論文と作文の違い

まだ、論文と作文の違いがピンとこないのですが、あなたはどうですか?ネットで再度調べると

🔵 作文で書かれるものが書き手の意見や考えという主観的なもの。

であるのに対し、

🔵 論文で書かれるものは事実に対する書き手の客観的な判断。

だそうです。とにかく論文は自分の意見だけを押し通すものではなさそうですね。

論文と英語

「日本人が書いてるのに、なぜ論文は英語で発表するのだろう?」とずっと感じていたのですが、今更ながら、論文が英語で書かれている意味も分かりました。

これも「ブラックペアン」のおかげです(笑)日本語だと世界中に届くとまではいかないですもんね。

論文とブログ

 

論文とブログの共通点

ドラマ「ブラックペアン」のセリフにある「誰かの役に立つかもしれない。それが論文本来の役目。」という言葉をブログに置き換えると「誰かの役に立つかもしれない。それがブログ本来の役目。」

同じだ!私が論文とブログの類似点を感じたところです。

しかし、いつか自分と同じように検索する人や壁にぶち当たる人に向けて書けばいいのは、分かっているけど難しいです。

それは何でだろう?焦らず、1記事ずつもっと突き詰めて考えないといけないのかもしれません。論文と違いブログは何回もリライトできますし、希望がもてます。

まとめ

自身が専門分野で研究を重ね文章にまとめた論文が、世界のどこかで同じ症状の病気で苦しんでいる人の役に立つかもしれない。そして、成功事例などが論文を通して世界中の人々の助けになることが論文本来のあるべき形だと知って、思わずブログ記事にしてしまいました。

医療業界のことは分からないので、論文は自分の研究を発表するものだと思っていました。例えるなら、読書感想文のような感覚でとらえていました。

しかし、論文を書くメリットは「自分の成果の報告」かもしれませんが、論文を書くベネフィットは「あなたが研究し論文にまとめることにより、世界中で病気で苦しむ人の助けになる。」ということではないかと気がつきました。

尚、偶然にもベネフィットについての記事をリライトしたところでした(笑)。

ブログも同じなんだろうな感じます。誰かのためになる記事を書く。いつかその人の役に立てるようにと思うとモチベーションが上がります。

あなたもぜひ「ブラックペアン」を見て、論文の本来の意味に触れてみて下さい。ちなみに次回が最終回だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す