ブログ開設祝1ヶ月!初心者に効果的な自分へのインタビュー15問!

インタビュー インタビュー記事

WordPressでブログを始めて1ヶ月。分からないこと、大変なこと、40代だからこその悩みがありました。

そこで本日は「祝1ヶ月」を記念して、自分で自分をインタビューしてみたいと思います。

尚、自分へのインタビューとなっていますが、噓偽りなく話しておりますので、ブログ開設2ヶ月目に突入するあなたの参考になれば嬉しく思います。

では早速、インタビュー開始いたします。

スポンサーリンク

ブログを始めた理由をお聞かせ下さい

はてな無料ブログを半年ほどしておりまして、WordPressの格好良さと自分を発信できるメディアが欲しかったからです。

ブログを始めて1番楽しかったことは?

やはり誰かに読んでもらえたときですね。

私の師匠『カティー様』からのコメントやtwitterでツイート下さったときは嬉しかった。

『カティーの旅とマイル』⇒僻地に赴くエンジニアが旅行記やマイルの貯め方を紹介されています。何やらビジネスクラスでヨーロッパにお得に行く方法を専門としているようですよ。

もう1つ、タイトルを考えるのも楽しかったです。ただ、キーワード選定を意識するようになり楽しさは半減しました。

ブログを始めて1番苦しかったことは?

長文を書き終わり読み返したとき、この記事は誰のためにもなってないのではないか?と感じたときですね。

あと、ブログとは関係ないですが、フォローブースターというtwitterツールを、エックスサーバーに設置するのが大変でした。3日かかりましたから(笑)

もがき苦しんでいる様子をまとめています。

フォローブースターをエックスサーバーに設置完了!3日かかった理由

ブログを書き続けるために挑戦したこと?

「やることリスト」から「やらなくていいことリスト」に沿って行動するように変えました。

もう一つ「言葉のたな卸し」を10年ぶりにしました。「言葉のたな卸し」については、別記事を作成中なのでお待ち下さい。

ブログを始めたからこその気づきはありましたか?

頭の中では、あれもこれも記事にしなくては?と浮かんでくるのですが、下書き後に整理し記事してみると以外に記事数は少なく「たったこれだけの文字数か!」とも思うことがしばしばありました。

改めてブロガーの方々が100記事、200記事を継続的に書いてる凄さを感じ、継続する努力の価値を気づきました。

記事を読んでもらえないときに、どうすれば読んでもらえるのか?なぜ読まれないのか?徹底的に自分に向き合えるチャンスも気づきました。

営業がなぜお客様から紹介をもらえないのか?という悩みといっしょです。紹介がもらえないときこそチャンスだと仕事でも言い聞かせています。

ブログを書き始めて心境の変化はありましたか?

日々の暮らしの中で、人々の分からないは何か?何に注目しているのか?今の質問は記事にできないか?などの着眼点に変わりました。

特に、自分が疑問に思いGoogleで検索したものを記事にすれば良いのでは?と今では強く思っています。

ブログを書き続けるための上記の視点は、私の仕事である営業にも生かされるのではないかとも感じ実践中です。

ブログを書き続けるための問題点は?

間違いなく時間を確保することです。

年1回の連休・月4日の休日・14時間の拘束では何もできないと焦っていたのですが

営業の女性の強さに学ぶ!あと20年しかないと焦らなくてよい理由

で気持ちが楽になり、ひらめきもありました。

ブログを書く時間がないことをどう解決しましたか?

私の24時間を分析すると、職場までの往復時間が1時間半あり、この時間を有効利用することをまずは考えました。そして、意外と集中できる時間帯であることがわかりました。

朝は、動画を聞きながら勉強し、帰りは記事の下書きを音声で録音しているのでしゃべり続けています。

さらに、考え方を変えると私の頭の中はいつでも自由であり、たとえ仕事中、たとえ接客中であっても勉強できることがたくさんあることが分かり救われました。

ブログを書き始めて知ったこと?

  • デメリットをメリットのように書く
  • ひとりの時間の大切さ
  • 人は同時に何個も課題をクリアできない
  • 人は共感したものは説明できる
  • 人は皆人気者になりたい
  • 人は育てるものではなく、育つもの
  • 完全週休2日制、年収1000万、退職金、有給の取得、福利厚生の充実などいわゆる勝ち組と呼ばれるサラリーマンの日常を目指すより、副業で成功する方が近いのではないかという可能性

ブログ書き続けて何をしたいのか?

コピーロボットが欲しいと思った(笑)

ある方がYouTube年齢という話されていて、自分のコピーロボットが寝ている間も働いてくれているという価値観に衝撃を受けました。

ブログを書き始める人へのアドバイスは?

私がインターネットマーケティングから保険の営業のヒントをつかんだように、あなたのブログ活動には他の分野のノウハウが役立つかもわかりません。

どんなチャレンジでも「やって無駄なものはない」と思います。

定期的に自分で自分をインタビューするのも良いのではないかと感じています。

ブログを書くとき下書きはしますか?

私は、字を書くことが苦手なうえ下手くそです。下書きを紙に書くと自分で書いた文字を解読不能になったことが数回あるので、Wordに以前はまとめていました。

しかし、文章を打ち込むのも遅く時間がかかるので、解決策として音声を文章に変化させてくれるアプリを購入し、通勤中に下書きを作成しています。

ブログは何人の人に読んでもらえましたか?

149人」の方がみんな島に訪れて下さいました。本当にありがとうございます。

ブログ以外にも挑戦予定ですか?

ツイッターは活用したいです。

Twitterでリツイートを多くもらいたいのなら、リツイートを多くもらっている人の文章を真似したらいいと教えてもらいひっくり返った。

ブログ開設2ヶ月!への抱負をお聞かせ下さい。

インタビュー記事を増やしていきます。具体的には、私が知り合った人たちの考え方や歴史を発信できればと考えてます。

よって、新カテゴリー『インタビュー記事』を追加します。

尚、インタビューでは私があみだした

話し下手の営業が今すぐ使えるお客との会話が楽に感じる3段飛び戦法

を使いますので乞うご期待!

まとめ

みんな島様はブログを通じて様々なことを吸収したそうです。「やって無駄なものはない」「言葉のたな卸し」とおっしゃっていたのが印象的でした。

今後の投稿が楽しみです。

コメント

  1. カティー より:

    言及ありがとうございます!他の方がどういう風に考え、工夫しているかを知る機会って少ないので勉強になりました。言葉の棚卸しの記事楽しみにしてます!

    • みんな島 みんな島 より:

      こちらこそいつもありがとうございます。ヨーロッパ行くときは必ずお聞きします。言葉の棚卸し記事頑張ります!