フォローブースターをエックスサーバーに設置完了!3日かかった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
フォローブースターWEB

みんな島を開設して30日が経ちます。

嬉しいこと・辛かったこと・目の前が真っ白になったこと・続けてよかったことなど色々ありましたが、一番苦労したことは何か?と聞かれるとそれは間違いなく

「フォローブースターをエックスサーバー」

に設置する作業でした。

エックスサーバーとの契約。独自ドメインを取得。Wordpressの初期設定。Wordpressへの投稿。ブログ記事を続けて書くこと。他の何よりも大変でした。

だからこそ、フォローブースターをエックスサーバーに設置できない人や設置を諦めかめている人に向けて本記事を書きます。

何かのご縁で本記事に辿りついたあなたの少しでもお役に立てればと思います。

尚、フォローブースターのエックスサーバーへの設置に興味がない人は、すみませんがパスして下さい。

フォローブースターの設置が大変だった2つの原因

  • 1つ目の原因

私の完全な知識不足です。サーバー?ドメイン?プラグイン?というレベルのWEB知識と無料ブログを少し書いた程度の40代の挑戦だったので、質問さえうまく出来なかった。

エックスサーバーのサポートセンターに何度も電話をかけたが、オペレーターの言葉も専門用語ばかりで理解できない。私からの質問も言葉足らずで伝えることができない。

結局、謝ってばかりで電話は終了。前に進めない苛立ちと悲しさがこみあげて、情けなくなっていきました。

  • 2つ目の原因

Googleで検索しても設置の方法まで辿りつけなかったことです。Google先生に聞いても分からなかった。設置を断念した人の記事はあったが、設置する方法の記事がなかった。活用されている人に失礼ながらメールをしても返信はなく途方に暮れた。

開発者の説明PDFも解説動画もメールサポートも充実しています。しかし、私がどうしても分からないエックスサーバーにフォローブースターを設置する方法だけが分からなかった。何度検索してもGoogleからは出てこない。

知識のない私にはGoogleで検索しても出てこないということは死を意味した。絶望感は凄かった。先が見えなくなった。諦めかけた。いや一瞬、諦めた。

フォローブースターとは何か?

そもそも私が設置しようとしているフォローブースターとは何か?調べれば調べるほど少し前のツールであることは分かったが、概要を以下にまとめます。

  • 【内容】 Twitterのフォロー増加を支援するツール 基本設定後は自動的にフォロー/アンフォロー
  • 【ツール提供方式】 プログラムをダウンロードサイトよりダウンロード 
  • 【注意事項】 サーバー設置型。レンタルサーバーの契約が必要

フォローブースターを設置しようと考えた理由

なぜ私がフォローブースターを使いたかったのか?それは以下の4つです。

  • 少しでも多くの人にブログを読んで欲しかった
  • ツイッターを見る時間を減らしたかった
  • 先行自動フォローという言葉にひかれた
  • 自動アンフォローという言葉にひかれた

つまり私は、楽(らく)をしたかった。「楽(らく)して楽(たの)しみたかった。」

フォローブースターを使うことによるベネフィットに私は心を打たれたのです。

尚、ベネフィットについては別記事でまとめているので、私が心を動かされた理由が詳細に分かると思います。

しかし、楽をするためには努力しないといけません。楽をするまでに越えないといけない壁があります。私にはその壁はとてつもなく大きく運で越えられるものではなく、誰かの助けが必要でした。

エックスサーバーへの設置が困難だった理由

知識や経験が豊富な人なら1時間もかからずに設置が完了する内容です。しかし、私は40才になるまでブログの経験もWEB知識も全くなかったので、WEB上にある様々な仕組みやルールを理解するのにかなりの時間と労力が必要だった。

結果、心の柱が3回折れた。そこで私は若手社員を頼り、サーバーとドメインとWordpressの違いをまずは教えてもらい、自分なりに頭の中で以下のように理解した。

  • サーバーは「土地」
  • ドメインは「住所」
  • WordPressは「家」
  • フォローブースターは「小屋」
  • ファイルは「材料」
  • インストールは「組み立て」
  • 起動は「完成」

つまり、フォローブースターをエックスサーバーに設置するというのは、私の土地の上に小屋を建てるイメージだと理解した。

フォローブースター開発者の動画とPDFの限界

  1. ファイルのダウンロードはクリックだけでOK!
  2. ファイルの解凍も説明があるので大丈夫!
  3. ファイルのアップロードはエックスサーバーの方は注意!

エックスサーバーに設置する詳細な解説(私の土地に小屋を建てる材料を運び、組み立て、完成するまでの工程)がなかったので、私は我流で挑みました。

挑んだ結果、ファイルのアップロード先を間違い続け、アップロードしたファイルの場所が行方不明になった。

  1. 開発者の説明動画にそってやれば、巨大な倉庫から小屋を建てる材料を引っ張り出すことはできる。
  2. その材料を一つ一つ分解もできる。
  3. 分解した材料を土地の上に置くのだが、エックスサーバー上の私の土地のどこの部分に材料を下ろしたらいいのかが分からないので注意が必要だった。

私の勘違いポイントは?

今でこそ文章にできますが、間違いを理解するのに苦しみました。エックスサーバー上にある私の土地のどこへでも材料を下ろしていいと思っていた。私の勘違いは、独自(メイン)ドメイン(minnajima.info)に材料(ファイル)を下ろしていたことです。

しかし、エックスサーバー(土地)では、すでに家(ワードプレス)を建てているので独自ドメイン(minnajima.info)の住所はWordpress以外使えない。

同じ住所(メインドメイン)に2つの建物を建てることができないのだ。私には理解できませんでした。

フォローブースターを設置するためにすべきこと

  1. エックスサーバーでサブドメインの発行依頼をかける(〇〇〇.minnajima.info)
  2. 半日後に反映する
  3. 反映後にファイルのアップロード
  4. 起動

 

エックスサーバーでサブドメインを作成、サブドメインが半日後に反映したら準備はOK。このサブドメイン内にフォローブースターを組み立てる材料(ファイル)を置く。そして、ファイルを取り出せば小屋は完成。

たった、これだけのことが分からなかったので3日も費やした。私の失敗は、独自(メイン)ドメイン内のファイルに直接材料を置いてしまったこと。それを取り出してもワードプレスで使われているからフォローブースターは起動しない。

しかし、独自(メイン)ドメイン内にサブドメインを作ることによって、フォローブースターを設置できる更地(区画)ができたので、誰にも邪魔されず小屋が建ちました。あとは解説書の通り進めば簡単です。

私が3日もかかった理由

逆にこれさえ分かっていれば1時間以内で解決していたであろう答えは、エックスサーバーにフォローブースターを設置する場合は、独自(メイン)ドメインは、ワードプレスの住所で使用しているので、新しくサブドメインを作り、その中にファイルを保存する必要があるということになる。

フォローブースター設置後の状況

これだけ設置するのに苦戦したフォローブースターを稼働させた後のTwitterアカウントの状況が気になるかな?と思い状況報告を兼ねて、これから設置する人の参考になればと思うので発表します。

設置後は、アカウントが3つロックされました(笑)。

補足として、私の設定が間違っていただけですからご安心ください。芸能人のアカウントを大量に特攻ファローしてしまったからでした。経験に勝るものはない。日々勉強です。

フォローブースターのデメリット

  • 設定を間違えるとすぐに凍結する

フォローブースターのメリット

  • メインアカウント以外を自動化できる

ちなみに今は、4つのアカウントが細々と動いてくれています。

まとめ

これからフォローブースターをエックスサーバーに設置しようと考えている方は、ファイルの保存先をサブドメインの中にするようにして下さい!

そうすれば、私のような3日間も時間がかかることはないので、時間を有効的に使えますよ。いかがでしたでしょうか?あなたの参考になったでしょうか?何か分からないことがあれば「お問い合わせ」からメール下さい。分かる範囲でお答えいたします。

ツイッターのフォロー数もまだ40なのでフォロー頂けると嬉しいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す